Tokyo Harvest 2019 REPORT

農家・漁師・酪農家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、作り手への感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」が2019年9月21・22日に駒沢オリンピック公園中央広場にて開催されました。

7回目を迎える今年は「日本各地の『旨(うま)い』を味わい、生産者の『凄(すご)い』を体験する」をコンセプトに、過去最大となる約40人の生産者が参加し、会場限定メニューの販売やパフォーマンス、お子様も参加できるワークショップなどを展開しました。

また、先日発生した台風15号により千葉県の生産者も多く被災していることから「東京ハーヴェスト」では、急遽「千葉応援コーナー」を設置。「寄付金つき・千葉野菜のミネストローネ」を販売するなどした結果、被災地域の生産者の復旧・復興に役立てていただくための義援金が総額約24万円集まりました。

天候にも恵まれ、およそ45,000人のお客様にご来場いただき、東京の収穫祭を体験していただきました。

来年は2020年5月23日(土)24日(日)に第8回東京ハーヴェストが同じく駒沢オリンピック公園で実施されることが決定しております。また来年もお会いしましょう!

ACTIVITY & SHOW

食の作り手たちが日々磨き上げた「凄い」技や知識をパフォーマンスにてご紹介しました。
お客様の食い入るように見る顔が印象的でした。

KITCHEN CAR

気仙沼直送のサメを使った「サメバーガー」など、東京ハーヴェストでしか味わえない、「旨い」をご提供しました。

FOOD CART

日本酒、焼酎、ワインなどとともに、穴子とポークミートローフのミルフィーユ串や短角牛の牛串などが飛ぶように売れました。

MARCHE

全29店舗が販売しました。お店に立つ生産者との会話も「東京ハーヴェスト」の醍醐味。SNS映えする珍しい野菜は多くの人が写真に収めていました。

SUPPORT FOR CHIBA

急遽「千葉応援コーナー」を会場内に設置。千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」や、千葉県出身のお笑いコンビ「ランパンプス」さんも応援に駆けつけてくださいました。被災した生産者のつくった野菜を使った「寄付金つき・千葉野菜のミネストローネ」や、開催前日にスタッフが産地からとってきた千葉産の小松菜を販売しました。

東京ハーヴェスト2019に出店いただいた生産者一覧はこちらです。

CAST 2019

CONTACT US

東京から、ラブレターを。

僕らは、生きている。
生きているから、お腹がすく。
お腹がすくと、美味しいものが、もっと美味しくなる。
今日も、あたりまえのようにテーブルにならぶ、
海の幸・大地の恵。
僕らの身体は、食べることでつくられている。
だけど、それをつくるために努力している
生産者さんの存在を僕らはつい忘れがちだ。
東京の真ん中から全国の生産者の方たちへ。
尊敬と、感謝をこめて。
ありがとうの言葉を届けよう。

Love Letter from TOKYO to Farmers and Fishers

We live, we get hungry.
We are what we eat.
The better food we eat, the more alive we feel.
Today, as always, we'll eat the harvest of the land and
the bounty from the sea.
However, we often take for granted those whose hard
work provides it for us.
This festival is our way of saying thank you, from Tokyo,
to all farmers and fishers in Japan.